製品情報 Teslanvidia TeslaAMD FirePro Intel PhisssソリューションServerラックマウントサーバーサーバー+RAIDタワー型サーバー省電力サーバーブレードサーバーストレージSAN SolutionsDASNASRAIDシステムワークステーション超静音型ワークステーションタワー型ワークステーションデスクトップPCミッドタワーモデルスリム&コンパクトモデルHPC SolutionsVintage ClusterScoreLSF+MPICHOpenPBS+MPICHOEM/ODM オプション
 − RAID について
 RAID(Redundant Array of Independent)とは複数台のハードディスク等記憶装置に対し、データの分散記録により高速で信頼性の高いディスク装置を実現するための技術です。
 RAIDは、その性質や機能によりRAID 0からRAID 6まで区分されています。
 本ページでは、現在一般的に用いられているRAID 0RAID 1RAID 5RAID 6RAID 0+1の概略を説明します。

 − RAID 0  
 特徴

 ■高速なデータ転送。
 ■構成ハードディスク台数の増加に応じて、データ転送速度がさらに向上する。
 ■複数台の記録装置を大容量単一のストレージとして取り扱うことが可能。
 ■HDD障害発生時のデータ再現機能はないため、信頼性の向上は期待できない
 概要
 RAID 0はストライピングと呼ばれ、複数台のディスクに対し、均等に分散したデータを同時並列的に読み書きすることで、データ転送速度の高速化と大容量化を実現するシステムです。
 エラー回避のための冗長データを生成しないため、RAIDを構成するHDDのほぼ全ての容量を使用することが可能ですが、耐障害性は低くなります。

 用途
 高速かつ大量データの転送、動画等のマルチメディアコンテンツ配信などに適しています。


 − RAID 1  
 特徴

 ■同一データを複数のHDDに書きこむことによる耐障害性の向上。
 ■最低2台のディスクによるシステム構成が可能。
 ■ディスクの実容量は本来のディスク総容量の約半分となる。

 概要
 RAID 1はミラーリングと呼ばれ、複数のディスクに同一のデータを記録することで、データに冗長性を持たせ、ディスクの耐障害性を向上させるシステムです。
 ディスク障害発生時には、同一のデータが記録されたディスクが代替として機能するため、高い信頼性を期待することができます。
  通常2台のハードディスクで構成されますが3重、4重のシステム構成も可能です。
 同一データを複数のディスクに対し記録するため、ディスクの実容量はn台のディスク構成時には1/nになります。

 用途

 比較的簡易に信頼性の高いシステム構成が可能なため、小規模なファイルサーバーなどに適しています。




 − RAID 5  
 特徴

■パリティと呼ばれるエラー検出符号を全てのディスクに対し分散して記録する。
■1台のディスクが故障しても、故障したディスク以外のデータとパリティ情報により、壊れたディスクの内容を復旧することができる。
■ディスク使用台数が増えるほどディスクの利用効率が高くなる。
■データ書きこみ時にはパリティの算出・生成およびデータブロックの読み込みが必要なため、高速性は期待できない。
 概要
 RAID 5はRAID 0(ストライピング)と同様、複数台のディスクに対し均等に分散されたデータを同時並列で書きこみます。
 また、その際パリティと呼ばれるエラー検出符号を算出、生成し各ディスクに分散して記録します。このパリティ情報により、1台のハードディスクが故障した際も、他のディスク情報を元にデータを復旧させることが可能となります。
 パリティの容量は総ディスク台数の多寡を問わず、常にディスク1台分の容量に等しくなりますので、RAIDを構成するディスクの台数が増えれば増えるほど利用効率は向上することになります。
 システム構成のためには最低3台のディスクが必要です。

 用途
 最も一般的なRAIDで、さまざまな用途に広範囲に利用されています。
 大量、小サイズのデータ処理やトランザクション処理時の効果が大きいため、データベースやファイルサーバーなどの利用に適しています。


 − RAID 6  
 特徴

■従前RAID5ではディスク1台分だったパリティ(エラー訂正符号)を、二次元パリティ技術によって2台分算出し記録する。
■同時に2台までのディスクが故障しても、故障したディスク以外のデータとパリティ情報により、壊れたディスクの内容を復旧することができる。  
■RAID5に比べ実効容量はディスク1台分減少するが、信頼性が大幅に向上する。
■二重にパリティの算出・生成およびデータブロックの書き込みが必要なため、RAID5に比較してRAIDコントローラ側の演算負荷が高く、同一性能のコントローラであれば若干RAID5よりも高速性で劣る。(そのためRAID6向けに特化された演算ユニットを搭載して併用することで速度低下を抑えているモデルもある。)
 概要
 RAID 6はRAID 5同様、複数台のディスクに対し均等に分散されたデータを同時並列で書きこみ、その際パリティと呼ばれるエラー訂正符号を算出、生成し各ディスクに分散して記録しますが、RAID6ではこのパリティ情報を二次元で生成しディスク2台分の容量を使って記録することで、耐障害性をさらに高めたRAIDテクノロジーです。近年、ディスクの大容量化に伴い、ディスク障害発生後のリビルドにかかる時間も長くなり、リビルド中にもう1台のディスクが故障したり、他の残存メンバーディスクの不良セクタによって部分的にリビルドが阻害されたりするといった、RAID5では耐えられない障害に遭遇する確率も増大しつつありますが、これらに対してもこのRAID6では有効で、可用性が大幅に向上しています。パリティの容量は総ディスク台数の多寡を問わず、常にディスク2台分の容量に等しくなりますので、RAIDを構成するディスクの台数が増えれば増えるほど利用効率は向上することになります。
 システム構成のためには最低4台のディスクが必要です。

 用途
 最新のRAIDテクノロジーで、特に高信頼性、高い耐障害性が求められる用途利用に適しています。


 − RAID 0+1  
 概要
 RAID 0と、RAID 1を組み合わせたシステム構成でRAID 10、RAID 1+0などと表記される場合もあります。
 RAID 1による耐障害性と、RAID 0による高速性、大容量化を両立して実現することが可能なシステム構成です。

 最低限必要となるディスク台数は4台で、ディスク利用効率はRAID 1と同じく約半分になります。