コンピュータビジネスのもうひとつの道

歴史を振り返ってみると、コンピュータ産業が成り立つようになってから長いあいだ、コンピュータメーカーがそれぞれ独自の設計思想でC P U やOS、周辺機器を開発する時代が続いた。OEM 提携やライセンス生産によって、他社の技術を自社の製品に採り入れることはあったが、巨大な資を持ったメーカーが、それぞれ独自の技術で異なる仕様のコンピュータを作っていたのである。むろん、製品自体も高額であり、利用分野もそれに見合う用途に限られていた。

しかし1970 年後半になって、IBMPC アーキテクチャがパソコンのデファクトスタンダードとなって、インテルプロッセッサが廉価で大量に生産されるようになったころから、メーカーのありように変化が現われた。一から十まで自社で開発しなくても、インテルが開発したマイクロチップや共通仕様の周辺機器、OS を調達して組み合わせ、自社のコンピュータとしてPCをより安価で大量に販売できる時代になったのである。そしてそのような時代になってみると、巨大なメーカーとはひと味違う特徴とサービスでPCに付加価値をつける、新しいタイプのメーカーが独自のビジネスを展開するようになった。こうしたメーカーにとって、Linux は製品に組み入れやすく、また付加価値をつけやすいOS であることは間違いない。

このようなメーカーのひとつ、日本コンピューティングシステム(以下JCS)は、インテル・プレミア・プロバイダーとして数々の高品質IA サーバを世に出してきたサーバベンダーである。そこで、同社がIA サーバ市場でどのようなビジネスを展開してきたか、また次のビジネス材料としてどこに狙いを見据えているかを取材した。


日用品になる前の製品を狙え

JCS は、もともとPC の製造販売からスタートした企業である。しかし、1992 年ごろから始まった、デルやゲートウェイ、コンパック、富士通などによる急激な価格競争の波を受け、コンシューマー市場向けのPC からより専門的なPC へと、ビジネスを転換していく。

高性能コンピュータに目を向ける

当時を振り返って、岩本社長は「DOS/V 機に参入した当時の富士通の製品などは、シェア獲得のためのダンピングではないかと噂されるくらいだった」と言う。新たに現われたメーカーは、すでに確固たる地盤を固めた大企業であったため、資本力のある大企業と価格競争をしても仕方がないと判断したのである。

そのようななかで活路を探っていたJCS は、当時のソフトウェア開発者たちが開発効率を上げるために少しでも速いマシンを必要としていることに注目し、コンシューマー向けのPC 販売に見切りをつけ、プロフェッショナルなソフトウェア開発用途の高性能なコンピュータやサーバ市場に向けた商品開発に着手した。さらに、3DCG 用の高機能グラフィックスカードや動画のノンリニア編集用ボードなどを搭載した、より業務に特化したマシンの販売へと事業を展開したのである。市場の動向と、いまユーザーが何を必要としており、そのための技術がどこにあるのかに着目した転進といえる。

「技術や製品というものは、どんなものでもいずれコモディティ(日用品)となっていくわけです。いったんコモディティとなってしまえば、あとは価格で勝負するしかありません。企業としては、技術や製品がコモディティ化してしまう前の高い付加価値のある段階で、いかにシェアを獲得するかがビジネスの勝敗のカギになります」と岩本氏は言う。

インターネット用途のサーバを主力製品とする

1992 年から1993 年にかけて、営業の中心を高機能マシンへと移した同社は、その後の1995 年ごろから始ま
るインターネット時代の幕開けにより、さらにWeb フロントエンドで使用されるサーバ分野に進んでいく

次ページ≫

Contents...
・コンピュータビジネスのもうひとつの道
・テーラーメイドのサービスで差別化
・HPCクラスタは次の一手となるか
・Column